<< 亀山市の羽黒山 | main | 三重で展覧会開催 >>
2009.07.09 Thursday

観音絵のこころ

観音様って宗教上はいろいろな考え方があると思いますが、普通の人にとっては、困ったときに助けてくれる存在ということでしょう。
 このところ世情の不安もあり、こころが不安定になりがち、確固とした自分をどう堅持するか難しくなっているようです。
健康のこと、経済のこと、人間関係などなど悩み出すとつきない問題が出てきそうです。人は生まれてから死に至る道程を歩んでいるわけですから、死亡率100%。悩みの中で生きるより、どうせ死ぬなら楽しく有意義にすごしたいですね。死んだ先を考えても誰もわからないけれど、せめて死に際して、あ〜よかった。楽しかったと思って死ねればいいですね。目先のことにとらわれて生きているといろいろなことに惑わされて本当にやりたいこと、しなければならないことが見えにくくなります。こんなとき「死」を友達にして助言して貰うといいかもしれません。特に偉いことをしようと考えなくても、生きているだけでもありがたいという気持ちを持てるんじゃないでしょうか。
 僕の観音様の絵は、いわゆる信仰の対象としての偶像ではなくて、自分を観るという、気づきのツールとして役に立ってくれるような気がします。
それと自霊拝といって、自分の本質に対して礼拝するということでもあると思います。自分を大切にするってどういうこと?よくわかりませんよね。
自我の欲望のままに生きるのが大切にするってことではなく、自分を尊敬して敬うってことではないでしょうか。そのときに見えない自分の本質を見える形で顕すことに絵の意味がありそうです。
コメント
記念すべき素晴らしい日に素敵な観音絵と出合えたことに感謝します。「一筋の光」大切にします。ありがとうございました。
  • サクヤマリア
  • 2009.08.10 Monday 14:27
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM