2013.07.02 Tuesday

不思議な共時性

 今日は注文いただいた絵を納めに厚木方面に行って来ました。 
ある人の娘さんのために描いたものでした。 
これを描いて聞こえてきたメッセージは、「子はかすがい、よい子に育て、育つ。 
子育てがあなたを育てる。」というものでした。その絵を携え伺うと、娘さんが子育てにストレスを感じているのではないかといい方向に行ってくれるといいと思って注文したと言うお話しでした。ほ〜そうなんだ、ぴったしだねなんて不思議に思いました。 
知り合いではありますが僕には何の予備知識もありません。自分で描いておきながらJUGEMテーマ:日記・一般を感じます。 
2013.07.01 Monday

今日の絵

7月1日の絵

タイトル・展開
絵メッセージ
やがて来るあなたの時、今日はそのときの準備の日です。物事が進んでいないように思うかもしれません、しばらくの辛抱が必要かも、いまは待つ時です。楽しんで待ちましょう。JUGEMテーマ:アート・デザイン
2013.06.29 Saturday

日本史の話し

 原田常治著「古代日本正史」 
たかだか1300年前、記紀(全部読んだことはないが)があまりにもそれ以前の日本の歴史を神話化してわからなくしてしまったものだから、その他の古史古伝や各地の古い神社に残る文献などから推し量ろうとして書かれたもので気候風土や水のありようなど人がどんな状況で住んでいたかなど現地におもむいて足で調べている。 
魏志倭人伝に「本其の国、男子を持って王と為す」と書かれているのは出雲の素佐之男尊ではないかと。天照大神は男だった。西暦142〜3年頃で素佐乃男尊の第5子に天照国照大神という諡号をされている大歳=饒速日命(にぎはやひのみこと)と言う人がいる。この系譜を抹殺するために書かれたのが記紀神話ではないかと言っている。ローマやギリシャ、中国古代の歴史に比べたら遙かに近代に近い。日本にそれまで文字がなかったなんてことはなく。日本書紀ができた西暦720年より300年以上も前に王仁博士文字が朝鮮から千字文や論語などを持ってきて教えている。古くから連綿と続く日本の歴史を神話化することなくキリストの生まれたせいぜい紀元前後くらいまでは知りたいものです。 
この大歳=饒速日命(にぎはやひのみこと)を世に出すべく、読み物として面白く扱ったのが深田剛史の「数霊」シリーズですね。
JUGEMテーマ:日記・一般
2013.06.24 Monday

ドリームフレンド風

 最近何となく思い出して気になっていた。 
夢研究家の大高ゆうこさんに連絡してみた。 
ずいぶんご無沙汰している。 
お元気そうだった。今年3月にアマゾン [Kindle版]で 
「今度こそ!人生を変える魂のメッセージ31」を出版されたそうで、 
一時はアマゾンの3部門で1位を取ったそうです。 
ネイティブアメリカンのフォントから得たインスピレーションを、レッドホークからの魂のメッセージとして文章に起こしたものだそうです。 
力強い31の言葉が紹介されています。 
美しい文章だと思いました。 
Youtube見られます。 
http://www.youtube.com/watch?v=jpscSpyN1w4&feature=endscreen 

大高さんのアメブロ 
http://ameblo.jp/dfkaze/
JUGEMテーマ:日記・一般
2013.06.21 Friday

楽しい出会い

JUGEMテーマ:日記・一般
先日三重から知り合いのT君が休暇を利用して東京に来た。 
調布に住む友達にぜひ会わせたいと言うので3人で会いました。 
自動車の整備をしているI君と、T君はある手相教室で知り合った。二人とも免許皆伝、プロになれる実力の持ち主です。前世のいろいろな所で一緒だったそうです。今はまだ開業していないのでただで見てくれるというので、調子に乗って見てもらっちゃっいました。チャクラの調整もしてもらいました〜。男性には珍しくこころからスピリチュアルな話しができる二人で、I君がこの3人は本音で話す人間ですね。といい、顔の相から言うと上唇が薄い人は本音を言わないです。そういう人は他人を信用しませんが愛情を受けるのは得意だです。我々はたらこ唇ってこと? 
手相もなかなか説得力があり、見方がすごく細かく素人には解説されても言っていることはわかるけれどなぜと言う意味ではまったくわかりません。すごく面白かったです。言われたのは財運があるとか、中指に怪我やシミがあるとよくないとか、40才頃から奉仕線が現れているので人の面倒を見ているはずと言われ、ちょうどこの頃子どもが生まれ、家族のために生きだしたころです。60才から経済的に恵まれてくるということでした。楽しみ〜。困難がありそれを乗り越えて行くタイプだと言われました。これだけ努力したとごり押ししてもうまくいかないとか、人を認められると自分も認められるとか、謝れるようになるといいとか言われました。けっこう当たっていると思います。耳が痛いです。 
チャクラの感じもすごくよくわかりました。I君はほんとうにいろいろなことがわかる人でした。クルマの整備していて直感のよく働くときには悪いところが判っちゃうそうです。 
調子が悪いと直感と妄想の区別が付かなくて困るという。小学生低学年の頃までは霊が当たり前に見えていたらしい。顔デカお化けとか、女の人の生き霊とか見えたと言っていた。面白い出会いでした。
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM